脱毛後の色素沈着

脱毛後の色素沈着は自分で予防して防ぐようにしよう!

非常に稀なことではありますが、脱毛サロンで脱毛施術を受けたあとに色素沈着を起こしてしまう場合があります。

 

ムダ毛をなくして、つるつるすべすべの美肌になりたくて、自己処理よりも脱毛サロンを選んで、高いお金と長い期間を費やしているのに、色素沈着でお肌が台無しになってしまうなんて考えたくないですよね。

 

脱毛施術後の色素沈着は、脱毛サロンでの施術が問題ではないんですよ。

 

脱毛施術後に色素沈着を起こしてしまう原因は、施術後の過ごし方に問題があるからなんです。

 

ですから、施術後に自分自身できちんと注意してケアしていれば、色素沈着をしっかり予防できるんです。

 

色素沈着が起こる原因として広く知られているのは、お肌への刺激ですよね。

 

こすったり掻いたりすると、お肌の防御反応としてメラニン色素が生成されます。

 

脱毛施術はお肌へダメージを与えているので、人によっては施術後にかゆみを生じる場合もあります。

 

そんな時に痒いからといって掻いてしまうと、その刺激で色素沈着を起こしやすくなるんです。

 

掻く以外にも、洋服などのお肌への摩擦が色素沈着の原因となりますので、脱毛後は硬い素材やチクチクするような素材、ぴたっとお肌に密着するような服装は避けるようにしましょう。

 

また、お肌への直接刺激だけではなく、注意しなければならないのが紫外線です。

 

紫外線を浴びることも色素沈着の原因となります。

 

紫外線を浴びると、メラニン色素が生成されますよね。

 

とにかく色素沈着を予防するには、「掻かない」「こすらない」「紫外線を防ぐ」ということをきちんと意識しましょう。

 

もし脱毛施術で色素沈着を起こしてしまった場合は、自己完結せず必ず通っている脱毛サロンに相談しましょう。

 

ほとんどの脱毛サロンが医療機関と提携しているので、きちんとアフターケアをしてくれます。

 

いったん色素沈着になってしまうと、元の肌の色に戻すことはとても大変です。

 

専門医の外用薬を塗っても人によってはなかなか効果が実感できない場合もありますので、色素沈着を起こさないように自分で予防することが大切になってきます。