陥没毛の原因と対策

間違った自己処理で出来た陥没毛の原因と対策!

自己処理で起こりやすい肌トラブルとして多いのが「陥没毛」です。

 

誰でも1度くらいは陥没毛になってしまった経験があるのではないでしょうか。

 

埋没毛は自宅で行うなどの自己処理でもなってしまうものですが、一番埋没毛になりやすいのは毛抜きやピンセットを使った「抜く」という処理方法です。

 

陥没毛になってしまう原因ですが、自己処理で肌や毛穴を傷つけてしまうと、そこにかさぶたができます。

 

このかさぶたが毛穴を覆ってしまい、新しく伸びてきたムダ毛が皮膚の表面に出られなくなって、そのまま皮膚の下で成長してしまうからなんです。

 

陥没毛ができやすいところとできにくいところがあるんですが、ワキやビキニラインなどのように皮膚にあまり弾力がなく、ムダ毛の生える方向が一定でないところにできやすい傾向にあります。

 

この陥没毛は、見た目的にも肌に短い線を引いたように見えるのでやっかいなんですが、お肌が鳥肌のように隆起してしまうので、肌触りまで悪くなってしまうんです。

 

放っておいても、お肌のターンオーバーに合わせて自然と取れてしまうものですが時間はかなりかかります。

 

陥没毛は放置すると色素沈着を起こしたり、毛嚢炎になる可能性もあるので、きちんと予防・改善策を取ったほうが良いですね。

 

陥没毛を予防するには、脱毛前後の保湿ケアをしっかりとしたり、脱毛方法をかえましょう。

 

脱毛前には脱毛クリームを使用し、脱毛後にはしっかりとボディークリームなどで保湿をします。

 

脱毛後はお肌がデリケートになっているので、肌への刺激のないボディークリームなどを選びましょう。

 

肌や毛穴を傷つけてしまうようなカミソリでの処理や毛抜きやピンセットを使った抜くという処理をやめて、電気シェーバーや脱毛サロンで脱毛することがおすすめです。

 

またできてしまった陥没毛の処理ですが、無理に毛抜きやピンセットで引き抜くことだけはやめましょう。

 

お肌を非常に傷つけてしまうので炎症を起こしたり、その部分がシミになってしまう場合があります。

 

もし出来てしまった場合は、長期戦を覚悟で角質ケアをしたり、脱毛サロンで脱毛するのがおすすめですよ。