脱毛中のペット

ペットのためにも距離を置こう!脱毛中のペットとの触れ合いについて

かわいいペットの触れ合いは日頃の疲れを癒してくれますよね。

 

家族同然のペットとはできるだけ一緒にいたい、触れ合っていたいというのは誰でも一緒だと思います。

 

しかし時にはペットとの触れ合いを制限することも必要です。

 

脱毛をしている時に過剰にペットと触れ合っていると、感染症を引き起こす原因にもなるのです。

 

今や脱毛は金額も安く、誰でも気軽に行えるようになってきました。

 

しかし、脱毛の準備やアフターケアを怠ると、重大な肌トラブルにつながることもあるので、あまり甘く考えていてはいけません。

 

脱毛は強烈な光を肌に照射してムダ毛の毛根にダメージを与えています。

 

その為、ムダ毛だけでなくお肌にも少なからずダメージが残ります。

 

見た目的には何ともなくても、毛穴の中は傷だらけということも珍しくありません。

 

脱毛期間中はダメージを受けたお肌に対して、過度な刺激を与えるのはNGなのです。

 

例えば紫外線を浴び続けたり、皮膚を掻いたりするのも良くありません。

 

犬や猫などのペットがいる場合には、爪や唾液などに付着する細菌が傷口に入り炎症を起こす可能性があるのです。

 

普段から清潔にして、家の中だけで飼っているとしても、細菌は必ず爪や唾液に含まれています。

 

少なくとも肌のダメージが抜けるまでは、ペットとの触れ合いには一定の距離を保つべきです。

 

絶対に触らないというのも難しいと思いますが、長袖の服を着たり手袋をする、顔は近付けない、ゲージの中にいてもらうなど、しばらくの間は我慢が必要です。

 

部屋の中を自由に動き回るペットの場合は、毛なども散乱していると思いますので、できるだけ清潔にしておいて下さい。

 

普段は何ともない人でも、肌が弱っている時はアレルギー症状が出る場合もあります。

 

散歩が必要なペットの場合は、紫外線対策にも十分に気を使ってください。

 

日課となっている散歩だと、気を抜いてしまいがちですので、日焼け止めやUVケアの化粧品、帽子やUVカットの服を活用して紫外線をシャットアウトしましょう。

 

家に帰ってからは保湿ケアをしっかりとしてください。

 

肌のダメージを早く回復するためにも保湿ケアは重要です。

 

ペットがかわいそうと思うかもしれませんが、脱毛した後の数日だけの話です。

 

肌トラブルに発展すれば、もっと長期間距離をおこないといけなくなりますよ。

 

お互いにとって不幸なことがないように、脱毛中はペットとの距離感に注意して下さいね!