脱毛サロンとエステ

脱毛サロン=脱毛に特化 脱毛エステ=美容系全般に特化

脱毛ができる場所というと、脱毛サロンにエステサロン、美容外科に皮膚科と色々な選択肢があります。

 

脱毛サロンだけでも様々な種類がありますし、エステサロンと脱毛サロンが混ざったようなところもあります。

 

なんとなく違いは分かりますが、実際に何が違うのかは良く分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

特に脱毛サロンとエステサロンでは違いが分かりにくいので、その違いについて説明します。

 

まずは脱毛サロンですが、これは脱毛だけを専門に行っているところです。

 

脱毛業界は激しい価格競争にさらされていますので、脱毛専門のサロンではコストカットのために設備やサービスをシンプルにしていることが多いようです。

 

脱毛だけに特化して少しでも安く仕上げたいという人には、脱毛専門のサロンが向いています。

 

次にエステサロンですが、脱毛以外にも痩身やフェイシャルマッサージなどを受けられる施設です。

 

基本的にはラグジュアリーな空間を演出して、リラックスしながらトータル的に美しくなることを目的としています。

 

脱毛以外の美容も一緒に受けたい場合には、セットでできるのでお得な場合が多いです。

 

せっかく脱毛するなら、落ち着いた空間でゆっくりとリラックスしたい、美しく脱毛したいという人にはこちらが向いています。

 

ただエステサロンの中にも、脱毛を主としているところもありますし、エステの中の一部のサービスとして脱毛をしているところもあります。

 

逆もまた然りで、脱毛専門のサロンでもラグジュアリー感を演出しているところはあります。

 

結局は集客ができないと生き残れないので、他との差別化を図る意味で色々なお店ができている訳です。

 

当然ですが高級感を演出するところほど、お値段もそれなりに高くなります。

 

またエステサロンなどでは美容液などを勧められることも多いので、何かとお金も掛かってしまいます。

 

脱毛だけに特化した激安のサロンでは、プライベートも最低限しか確保されず、落ち着かない中で脱毛することもあります。

 

脱毛だけがしたいなら脱毛サロン、脱毛以外の美も追求したいならエステサロンという風に考えれば分かりやすいと思います。

 

どちらでも脱毛ができることには変わりありませんので、結局は自分の希望に合っているかで判断して下さいね!