脱毛の仕組みを知る

脱毛の仕組みを知っておけばサロンに通うのが楽しくなるかも♪

脱毛サロンに通う際には、ただ漠然と施術を受けるよりも、脱毛の仕組みを知っておいたほうが良いですね。

 

仕組みを知っていれば、カウンセリングの内容も理解しやすくなりますし、契約時にも納得の契約ができます。

 

また、脱毛の進み具合もイメージしやすくなり、より通うことが楽しくなります。

 

そんな脱毛の仕組みで、まず基本として押さえておきたいのが、毛周期についてです。

 

毛というものには、それぞれに毛周期という生まれ変わりのサイクルがあります。

 

この毛周期は生えている部分によって、少しずつ違っています。

 

例えば、脱毛部位として人気の高いワキ。

 

このワキの毛周期は、2〜3カ月に1回となっています。

 

毛周期は、休止期・成長期・退行期という3つの期間で成り立っています。

 

このうち、脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛が効果を発揮するのは、成長期の毛に対してのみです。

 

成長期の毛というのは、毛根からしっかり栄養を吸収しながら、活発に成長している時期にあたる毛ですね。

 

この毛の毛根にのみ、フラッシュ脱毛の光がダメージを与え、生えてきにくい状態にすることができるのです。

 

ですが1回の脱毛の施術を受けても、肌の中にはまだまだたくさんの「休止期」「退行期」にあたるムダ毛が眠っています。

 

これらのムダ毛が全て、成長期を迎えるためには、最低でも1年の期間が必要であると言われています。

 

そのために脱毛サロンで行われるフラッシュ脱毛というのは、2〜3カ月に1回のペースで、1年以上の期間をかけて行われることが多いのですね。

 

全く仕組みを知らずに脱毛サロンを訪れれば、「どうして1回で終わらせることができないのか」「もっと短い間隔で通ってはいけないのか」と、疑問がたくさん出てきますよね。

 

ですが、これらの仕組みについてよく理解していれば、脱毛コースの回数や期間の意味も理解できます。

 

サロンに対する信頼も高まりますし、毛周期に合わせて効果的なペースで脱毛を受けるように工夫もできますね。

 

毛周期の基礎知識をしっかり理解して、脱毛をより満喫してみましょう!