脱毛後の運動

脱毛後の運動は炎症の原因になるから控えて!

脱毛サロンで施術を受けると、様々な注意点の説明を受けます。

 

そんな注意点の中には、「施術後の運動は控えましょう」というものもありますね。

 

お肌の表面に行う脱毛の施術と運動、一見何も関係が無さそうなのに、これはどうしてなのかと疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

脱毛後に運動をしてはいけない理由の1つとして挙げられるのは、炎症を起こす原因になるからです。

 

脱毛後の肌は火照りやすい状態になっており、血行が良くなり温まると、火照り、赤みといった症状が悪化する可能性があります。

 

また、毛穴が開きやすくなっているため、運動をして汗をかくことにより、毛穴から雑菌が侵入してしまい、これが炎症の原因になることもあるのです。

 

脱毛後の肌はとってもデリケートです。

 

普段なら何ともない自分の汗でも、思わぬ肌トラブルにつながる可能性が出てきてしまうというわけですね。

 

それから、運動というものはどうしてもケガをするリスクが付きまといますよね。

 

脱毛施術後のデリケートな状態の肌は、ただでさえ傷つきやすいものです。

 

そこに運動によるケガをしてしまうと、ひどくなってしまったり、治りにくくなってしまう可能性もあります。

 

それに、ケガをすると次回の脱毛が受けられなくなる可能性もあるので、注意が必要ですね。

 

屋外で行う運動の場合だと、紫外線による影響もあります

 

脱毛後の肌には日焼けは厳禁です。

 

そういった意味でも、脱毛後の運動は控えたほうが良い、ということになりますね。

 

では、紫外線の影響が無く、ケガの心配も少なく、しかも汗をかくこともないプールでの運動なら良いのではないか、と考える方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かにプールでの運動は、そういった意味では脱毛後でも安全に感じられるかもしれませんね。

 

ですが、プールは大勢の人が利用する施設ですから、多くの雑菌があり、炎症を起こす可能性が高くなってしまいます。

 

また、プールを殺菌・消毒する際に用いられる塩素も、脱毛後のデリケートな肌には刺激となることもあります。

 

これらの点を考慮すると、どのような種類であるかに関わらず、脱毛を受けた当日は運動をお休みするのが望ましいと言えますね。