赤みは2〜3日で治る

万が一、脱毛後に赤みが出来ても2〜3日で落ち着くから安心して!

脱毛サロンに通いたいという人はたくさんいますが、どうしても躊躇してしまいがちです。

 

原因は色々あると思いますが、レーザー脱毛に対する恐怖感ということもあるでしょう。

 

単純にレーザー脱毛というものが分からない、体に悪そう、コワいといった感情もありますし、レーザーを当てた後の肌がどうなるのか心配という人もいると思います。

 

レーザーを使った脱毛というのは、黒く生えているムダ毛に対して反応するレーザー光線を当てて強いエネルギーを毛根細胞に伝えることで、細胞を破壊してムダ毛を生えない様にする技術です。

 

強過ぎるレーザー光線は確かに危険ですが、脱毛に使われるレーザー脱毛装置は安全を十分考慮したものなので安心してください。

 

毛根細胞だけに集中して作用するので、お肌へのダメージはほとんどありません。

 

しかし、全く影響がないかというとそうではありません。

 

人によって程度は変わりますが、レーザーを当てた毛穴の周辺は施術直後、赤く腫れたような状態になります。

 

ちょうど湿疹ができた様な感じです。

 

そんな肌を見ると心配になる人もいるかもしれませんが、これが正しい状態なのです。

 

破壊された毛根細胞のまわりの皮膚がレーザーで傷が付けられたような状態になっているため、軽い炎症を起こして皮膚に赤みが差します。

 

でも大丈夫、翌日には赤みが引いて2〜3日経てば元のキレイな状態に戻りますので心配ありません。

 

しかし普通にケガをしている時と同じように、お風呂や飲酒など血行が良くなるような行為は避けて下さい。

 

血行が良くなる事で、赤みが増して炎症がひどくなるおそれがあります。

 

また、脱毛直後に日差しに当たることもやめてください、紫外線で日焼けをしてしまうと同じように赤みが増してしまいます。

 

脱毛サロンで施術した当日はお風呂もお酒も控えて、保湿もしてゆっくりと肌を休ませましょう。

 

サロンへの行き帰りにも上着などを着て、露出しない格好で行くのを忘れないでください。

 

万が一、肌が水膨れのようになった場合も落ち着いて脱毛サロンに連絡してみてください。

 

適切な対処方法を教えてくれます。

 

気を付ければ安全なレーザー脱毛、正しい知識を持って、安心して脱毛サロンにチャレンジしてみて下さい。